個人との交流!?最近の税理士に必要なこと

税理士試験に合格するのは難しい

企業会計として簿記の資格があります。会社に勤務している経理部に所属している人でその資格を持っている人も多いです。この簿記の資格を極めた人は、企業に勤務する以外には、会計監査法人に就職したりして公認会計士として仕事に就いている人も多いです。また経理業務については、この企業会計以外に税務関係の経理があります。一般的な損益計算書などとは違った税務上の調整も必要になる会計のひとつで、この業務の資格に税理士があります。

税理士が進みたいと思う方向

この税理士になるためには資格試験を受験して合格しなければなりませんが、その受験科目も多く、ひとつずつ取得して税理士になる人もいるほど、資格試験の中では難しいもののひとつです。この税理士の受験科目のうち、選択科目があり、法人税と所得税のどちらかを選択して受験しなければならないのです。一般的には税理士の資格を取得後、企業の税務計算をメインに働いていきたいと考えている人は、法人税を選択して受験する人が多いです。

税理士が近所の人と交流を持つ必要性

かたや個人をメインに源泉所得税の計算を仕事として考えている人は所得税を選択します。そのために事務所も個人事務所として、住宅街の中に自宅兼事務所として構える人が多いです。特に高齢化が進む中で、リタイヤした人が相続税対策であったり、所得税以外にも相談に来る人が増えているために、所得税以外に最近では相続税をメインにしている税理士も多くなっています。そのためにも周囲の個人と日ごろから近所付き合いをおこなうことも必要になっています。

税理士になるには資格が必要になります。税理士の試験は非常に難しいので、税理士の講座などわかりやすい授業を受けることで資格取得もしやすくなります。