信用取引は危険!?偏見を排して利益拡大のチャンスに備える

『信用取引は危険』という考えは無知による偏見

信用取引とは、一定の信用に基づいて証券会社から株を借りて運用される株取引です。しかし、この証券会社から株を借りるといった行為が一種の借金のように認識され、「借金でギャンブルするようなもので危険だ」という乱暴な見方をする人も多くいるのは事実です。確かに信用取引にはそのような一面もありますが、信用取引でギャンブルのような運用を行って損失を出してしまうようなトレーダーは、株取引についてあまりにも無知で自業自得だと言えます。

厳密なリスクコントロールで信用取引の危険性を排除

信用取引が現物取引よりも大きく利益を拡大できる反面、ハイリスクなのは事実です。しかし、その点を十分理解して活用する場面を限定すれば、世間一般が持つような危険性は排除できる一方、株取引の幅を広げることができるのです。換言すれば、こうした認識による運用ができなければ、信用取引を行うべきではありません。証券会社もしっかりとしたリスクコントロールができるという合意のもとで、個人投資家に信用取引の口座を開設させるため、そもそも危険な取引をさせているという認識も無いはずです。

信用取引をより安全に活用するために

では、信用取引はどのように運用すればより安全なのでしょうか。トレーダー自身の損失に対する認識やスタンスにもよるところは大きいですが、まず信用取引で建玉を保有する判断基準をしっかりと設けることが重要です。現物取引と同じように、勘頼みで何とはなしに取引を行ってはいけません。例えば、現物取引で利益が出ている際に更に利益を伸ばすために活用したり、値動きが予想されるがどちらに動くか分からない銘柄の損失を減らすための反対売りに利用したり等、しっかりと条件を作って安全に運用するようにしましょう。

株を売買する場合に信用取引を利用すれば、リスクも存在しますが小額の資金であっても大きな利益を得られます。